ホワイトニングの効果が出にくい場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?
先ず、着色の度合いが高ければ、ホワイトニングの効果が出にくくなります。
加齢によって経年変色など着色度の高くなっている方は白くなるまでには時間がかかります。
一般的な黄色系の着色は白くなりやすいため、反対に少ない回数でも、その効果を実感しやすいようです。
歯そのものの白さだけでなく光の反射具合で歯が白く見えるというのも重要な要素です。
そのため、光沢のある人、凹凸の少ない人は白く見えやすく、逆に光沢がなく表面の凹凸が多いと白く見えにくくなります。
もし、全体的に白くしたいのであれば、何度か続けてホワイトニングをする必要があります。
歯の一部だけ白っぽい斑点状になっているものをホワイトスポットと呼びます。
これは、初期の虫歯やエナメル質の形成不全によるもので、縞模様と同様にホワイトニングをすると、
その部分だけが一時的に目立つ場合があります。
ホワイトニングを継続することでホワイトスポットが薄くなり、歯の他の部分をその色に近づけることで馴染んできます。

ホワイトニング歯磨き粉で人気なのはコレだ!