ホワイトニングの方法によって、白さの持続期間が変わってきます。
これは、ホワイトニングの内容によって薬の浸透度合いや漂白にかける時間が変わることが要因です。
歯の表面の漂白を重視した内容であればあるほど色戻りが早くなり、内部を重視した内容であれば色戻りは遅くなります。
以下はホワイトニングの種類ごとのホワイトニングの持続期間です。
・オフィスホワイトニング 3ヶ月~1年弱
・ホームホワイトニング 半年~1年以上
・デュアルホワイトニング 1年~2年程度
オフィスホワイトニングは短期間で効果が現れます。
これは、それは歯の表面を中心にホワイトニングを行っているためです。
しかし、短期間で大幅に白さが向上する施術であればあるほど、色戻りは早くなってしまいます。
ホームホワイトニングは時間をかけなければ効果が出にくいのですが、
歯の内部までじっくりゆっくり薬を浸透させ内部から漂白を行うため、持続期間が長くなります。
双方の良いところを合わせたデュアルホワイトニングは、両者の利点を享受しているため色戻りは最も起こりにくくなります。

ホワイトニングの歯磨き粉で研磨剤無しを探しているならこちらのHPを参照