自己処理の方法に、毛抜きや脱毛テープを使う方法がありますが、
どちらも肌にかなりの負担をかけてしまいますので、使用には十分注意が必要です。

まず、毛抜きと脱毛テープに共通している点は、
ムダ毛を根元から一気に引き抜くという点です。

この方法だと、次にムダ毛がはえてくるまで1ヶ月以上はかかるので、
自己処理の回数が少なくて済むというのがメリットと言えるでしょう。

しかし、ムダ毛を無理やり肌から引き抜くという行為は、
皆さんが思っている以上に肌へ負担をかける行為なのです。

この脱毛法を繰り返していると、いつの間にか毛穴が鳥肌のように浮き上がったままになってしまったり、
埋没毛といって、肌の下でムダ毛が渦を巻いて生えて来てしまったりという肌トラブルに見舞われてしまいます。

このような状態になってしまうと、元の肌に戻すにはかなり時間がかかってしまいますし、
最悪の場合、後が残ってしまうこともあります。

毛抜きや脱毛テープは、安くて手軽に購入できるので、魅力的ですが、
このようなデメリットが隣り合わせだということを忘れないようにしましょう。