医療機関で行う、医療レーザー脱毛は、完全に脱毛が終了するまでの期間が、ごく短いのが特徴です。

エステサロンで行うニードル脱毛は、最低でも1年、長くて2年以上かかります。
これは「毛周期」にあわせて施術を行うからです。

毛には生え変わる時期があり、今表面に出ている毛が抜け落ちたとしても、数か月すればまた新たに生え変わってきます。
このサイクルを毛周期と呼びます。

ニードル脱毛は、目に見えている毛だけを処理することができます。
しかし、体の表面に出ている毛は、全体の三分の一ほどしかなく、あとの毛は、休止期であったり発毛準備中だったりして、
皮膚の中で眠っています。
施術後、この毛が表面に出てくるまで、数ヶ月から1年以上も月日が必要なのです。

したがって、長期間、間を空けたあとに同じ場所をもう一度脱毛する必要があるわけです。

また、毛の濃さや密度によっては、さらに3度目から4度目の脱毛が必要になることもあります。
もちろんこの場合もまた、数ヶ月から1年以上の月日がかかります。

以上のことから、エステサロンで行うニードル脱毛に時間がかかる理由が、おわかりいただけたと思います。

逆に、医療レーザー脱毛なら、数ヶ月に2~3回の施術で終わってしまうのです。
なぜなら、医療レーザーの照射は、毛周期に関係なく、ほぼ全ての毛根を破壊することができるからです。

ただし、1回では完全に全ての毛根を破壊できません。
なぜなら、打ちもらしの可能性があるからです。

例えば、完全休止期にあたる毛根は、メラニン色素の密度が薄く、レーザーが反応しない=打ちもらしてしまうことがあります。
なので、1度施術を行った数ヶ月後にもう一度来院し、、打ちもらしがあれば、レーザーを照射することになります。

たとえ打ちもらしがあったとしても、その箇所はわずかなので、照射時間は1度目よりもかなり短くなります。

なので、短期間で確実に脱毛をしたいと思っている方は、医療機関で脱毛を行うといいですよ。