» 2018 » 9月のブログ記事

ホワイトニングの効果が出にくい場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?
先ず、着色の度合いが高ければ、ホワイトニングの効果が出にくくなります。
加齢によって経年変色など着色度の高くなっている方は白くなるまでには時間がかかります。
一般的な黄色系の着色は白くなりやすいため、反対に少ない回数でも、その効果を実感しやすいようです。
歯そのものの白さだけでなく光の反射具合で歯が白く見えるというのも重要な要素です。
そのため、光沢のある人、凹凸の少ない人は白く見えやすく、逆に光沢がなく表面の凹凸が多いと白く見えにくくなります。
もし、全体的に白くしたいのであれば、何度か続けてホワイトニングをする必要があります。
歯の一部だけ白っぽい斑点状になっているものをホワイトスポットと呼びます。
これは、初期の虫歯やエナメル質の形成不全によるもので、縞模様と同様にホワイトニングをすると、
その部分だけが一時的に目立つ場合があります。
ホワイトニングを継続することでホワイトスポットが薄くなり、歯の他の部分をその色に近づけることで馴染んできます。

ホワイトニング歯磨き粉で人気なのはコレだ!

ホワイトニングの方法によって、白さの持続期間が変わってきます。
これは、ホワイトニングの内容によって薬の浸透度合いや漂白にかける時間が変わることが要因です。
歯の表面の漂白を重視した内容であればあるほど色戻りが早くなり、内部を重視した内容であれば色戻りは遅くなります。
以下はホワイトニングの種類ごとのホワイトニングの持続期間です。
・オフィスホワイトニング 3ヶ月~1年弱
・ホームホワイトニング 半年~1年以上
・デュアルホワイトニング 1年~2年程度
オフィスホワイトニングは短期間で効果が現れます。
これは、それは歯の表面を中心にホワイトニングを行っているためです。
しかし、短期間で大幅に白さが向上する施術であればあるほど、色戻りは早くなってしまいます。
ホームホワイトニングは時間をかけなければ効果が出にくいのですが、
歯の内部までじっくりゆっくり薬を浸透させ内部から漂白を行うため、持続期間が長くなります。
双方の良いところを合わせたデュアルホワイトニングは、両者の利点を享受しているため色戻りは最も起こりにくくなります。

ホワイトニングの歯磨き粉で研磨剤無しを探しているならこちらのHPを参照

一般的には、社会人になってから脱毛サロンに通い始める人が多いようです。
しかし、学生のうちから通っておくと数多くのメリットを受けることができます。
まず、現在では、学生証を提示すれば施術の価格が割引されるサロンが殆どです。
家の近所にあれば、洋服に着替えて通えますし、アルバイト先から近ければ仕事の前に寄っていくということもできます。
若いうちは自己処理で脱毛をしている人が多いのですが、アフターケアまでしっかりしている人は少ないようです。
そのような場合、それが原因で年齢を重ねてからサメ肌や乾燥肌になってしまうケースがあります。
学生のうちから脱毛サロンに通いというのは贅沢なイメージを持つと思います。
また、一人ではなかなか入りにくいという人もいるかと思います。
そのような人は親御さんに付いてきてもらうこともできますし、親子一緒に施術してもらうという人もいます。
何度か通っているうちに慣れてきますので、抵抗なく一人で通えるようになるでしょう。

ミュゼの申込みならこちらのサイトです